「豚ロディオ」で有名?♠ 愛媛県西予市三瓶町 とは? ♠

三瓶町中心部の様子
三瓶町中心部の様子

注) wikipedia より転載

三瓶町(みかめちょう)はかつて愛媛県西宇和郡に存在した2004年4月1日、東宇和郡明浜町宇和町野村町城川町との東宇和郡・西宇和郡の垣根を越えた5町合併により消滅し、旧町域は西予市三瓶町となった。

夏祭りのイベントを「奥地の海のカーニバル」と名づけているなど、「奥地」を逆手にとったまちおこしを進めてきた。

 

地理

  • 愛媛県西部に位置し、北は八幡浜市、東は東宇和郡宇和町(現・西予市宇和町)、南は東宇和郡明浜町(現・西予市明浜町)に接し、西は宇和海に面している。
  • 深く切れ込んだ三瓶湾は波静かである。

【地名の由来】

  • 昔、嵐の翌日、磯辺に三つの瓶が打ち上げられた。そこに棲むホウジョウ(蜷)がその瓶を陸地まで押し上げた。神からの贈り物に違いないと考えた里人は、その瓶を神宝として奉ったという。この言い伝えに基づいて「三瓶」と名付けられた。

【道路】

  • 圏域の中心都市である八幡浜市と結ぶ道路は、以前は海岸回りと山回りとがあったが、山回りのルート(県道26号)が改良整備されたため、現在では両地域を結ぶ交通の中心はこちらに移っている。宇和島自動車による路線バスも、山回りの便はローカル線の割に便数も確保されているが、海岸回りの便は既に廃止されている(八幡浜と三瓶営業所からの路線が市町村境で途切れた格好になっている)。
  • 東隣の東宇和郡宇和町と結ぶ道路(県道30号)も峠越えの難路であったが、近時改良が進んだ。このルートの改良による、地域どうしの結びつきの強化が平成の大合併の枠組み決定の追い風の一つとなった。バス路線はあるものの、利用が少なく、廃止検討対象路線の一つとなっている。
  • 南隣の東宇和郡明浜町と結ぶ道路(国道378号)は八幡浜方面同様、「岬めぐり」の世界であり、バス路線も廃止されている。

【産業】

  • 漁業
海岸線は典型的なリアス式海岸で、湾内は屈曲の変化に富んでおり、ハマチヒラメタイ等の養殖が盛んに行われている。また、まき網漁の基地でもある。
  • 農業
ウンシュウミカンや、ニューサマーオレンジなど晩柑類の栽培が盛んに行われている。養豚が盛ん。
  • 商工業
商業 北に隣接する八幡浜市と結ぶ道路が改良され、交通の便がよくなるに連れて、八幡浜市等への流出が顕著になっている。中心市街地である朝立(あさだつ)にはアーケードのある商店街も形成されているが、空き店舗もかなり多く、活気に乏しい。このほか、エーコープや地元資本によるスーパーと全国チェーンのホームセンター(コメリ)等がある。朝立以外の集落には、零細な商店が点在している。


みかめ海の駅 潮彩館
みかめ海の駅 潮彩館

◆ 食べ歩きマップ ◆

三瓶町の 食べ歩きマップ
三瓶町の 食べ歩きマップ

詳しくは コチラ!

♠ ニュース ♠

♠ まずは資料をGET!! ♠

♠ 仲介会社様へ ♠

 

当物件は仲介可能となっております。

条件についてはご相談ください。l

現地にキーボックスがあります。

詳細は 

お問合せ下さい!

❤賃貸大家様へ❤

あなたも入居募集のオリジナルホームページを無料で作成してみませんか?
興味のあるオーナー様は、今すぐ下記からお問い合わせください!